高品質低空飛行

原稿のチェックをしていて思ったこと。

もしかして、
“低空飛行”という言葉にひっぱられて、
収入を少なくした人たち、と
思われているのかもしれないな、と。

正しくは、
世の中から煽られるままに消費していたら
“低品質低空飛行”になっちゃうところを
“高品質低空飛行”する、
というのがこの言葉の正しい捉え方。

金持ちが金持ちになる経済の中に生きている。
要するに、ぼーっとしていると、
中間層だと思っている自分たちも、
貧しくなって行くということ。

大きな企業、大きな組織、大きな国、
そういうところが作った物やサービスに
まみれて生きていくということは、
確実に貧しくなる、ということ。

金持ちにならずに”高品質”で居続ける。

それは、案外、むずかしいことで、
とんでもなく世の中に逆行することで
頓知とバランス感覚が求められる。

暮らしかた冒険家は、
そういうところを冒険している。